ワンセグ携帯とは?ワンセグ携帯が安いのは?


電波職人 HDT-101 体験談


車のカーテレビにワンセグをつけたいという場合、ようやく値段も下がってきて今では1万円台の機種まで登場しましたね。

ワンセグってデジタルなんで映るか映らないかってところがクローズアップされているので実は結構差がある機種ごとの違いって、実際使ったことがある人しかわかりません。

ワンセグのいいところはフルセグ(12セグ)のものよりも広範囲で受信できてアナログよりも安定して移りがいいってこと。
でもよくよく考えてみると決して画質的にはきれいではない。

車の7インチのモニターにつないだ場合ニュース番組の字幕なんかはちょっと何が書いてあるのか判別しずらいってくらい。
もちろんアナログのちゃんと受信できているときやフルセグ(12セグ)なんかではちゃんとなんて書いてあるのかわかるのに。

そしてワンセグの広範囲で受信できるというのも、万能ではなくて地域によって大きな差が出ます。
事実私の住んでいる地域では映るところと映らないところがあるのでそのチューナーの差が結構シビアに出ていました。
このチューナーは映るのにこっちのチューナーはぜんぜんダメ。といった感じで。

そんな中では今のところどう比べてもケン○ッドの映りが一番いいと思っていました。
まあ、事実誰に聞いても同じ答えが返ってくるくらいにケ○ウッドのワンセグチューナーが一番よかったです。
2chダイバーシティアンテナの効果が絶大だし。


ところが・・
やってくれましたよ。職人さんが。


電波職人のHDT-101はあの○ンウッドのワンセグチューナーを上回る性能をなんと4分の1のサイズで実現したのです。

見た感じほかので映らないところでもまったく問題なく映るし電波の弱いところで起こる画面のフリーズも発生しない。
なんでも、もっと早くに発売されるはずだったのが職人的に価格と性能に納得ができないということで発売時期を遅らせてもかまわないからとにかくいい物を作ろうということで設計しなおしていたらしい。

チューナー本体も金属ケースで周りを囲っているために車の中にある電装品のノイズの影響を受けづらく同じ 2chダイバーシティアンテナでも、より純粋に電波を拾えるらしい。
PALUSE(パルウス)シリーズで培ったアンテナ技術はだてじゃないって感じです。

そして文字の読み取りに関して言えば解像度とぼかしかたの微妙な関係があるとのこと。
はっきりくっきり表示しようと思えばモザイクのようになってなんて書いてあるのかわからないし、ぼかしすぎてもぼやけてなんて書いてあるのかわからない。

だからこそその微妙なチューニングが難しいのですが今回のこの電波職人 HDT-101はそのチューニングが絶妙です。
ここは最もほかのワンセグチューナーと差がわかるところですね。


ワンセグチューナー。

性能差なんてワンセグだからないだろうなんて思っていると実は大きな違いがあります。
これから買うのなら間違いなくこれがおススメです。

電波職人 HDT-101
車載用地上デジタルTVワンセグチューナー

今回は今までのワンセグチューナーの常識を打ち破った逸品を紹介しました。


電波職人 HDT-101を最も安く買いたいという人のために好評の最安値チェックはこちらでできます。
もうひとつはこちら
今日はどっちが安かったでしょうか。